1.  新東京グループは、環境事業を通じて地球環境問題や地域社会への貢献を果たしたいと考えております。
     下記の方針に従い、株主、投資家を含む当社のあらゆるステークホルダー(利害関係者)に対し、当社経営、事業活動への正しい理解と信用を得るため、正確でわかりやすい企業情報を、公平かつ迅速に発信することに努めます。

    1. 情報開示の方法
     当社は、証券取引法等の関連法令や東京証券取引所の定める規則に則った適時適切な情報開示を行うようにしております。
     さらに、当社ウェブサイトでの情報開示などにより、情報の即時性・公正性を目指すとともに、事業概況などを定期的にお知らせしてまいります。
     なお、機関投資家・証券アナリスト等との個別ミーティング、会社説明会等で当社により言及される情報は、既に公開された事実、周知の事実等に限られます。
     未公開の「重要事実」等については、当社は一切言及いたしません。

    2. コミュニケーションの充実
     当社は、株主・投資家の皆様に対し経営戦略や事業方針について明確に伝える透明性の高い企業でありたいと考えております。
     そのため、会社説明会や決算説明会など、経営者自身が、投資家および証券アナリスト等に対し、直接語りかけていく場を充実させていきます。

    3. IRポリシーの社内徹底
     当社は、このIRポリシーを当社グループ全体に浸透、徹底させます。
     また、投資家および証券アナリスト等からのお問い合わせにつきましては、全て当社担当者が対応いたします。

    4. IR自粛期間
     当社は、「IR自粛期間」を設けております。
     その期間中、当社の役員・社員は、事業見通しや成果、あるいは予測について、特定の投資家もしくは媒体に対してコメントをすることを控えさせていただいております。
     また、その期間中、当社はセミナー、個別ミーティング、会社説明会等の実施をいたしません。